森下 章太(Morishita Shota)

「ここでなら楽しく働くことができそう」
 直感で選んだ会社は、まさに正解でした

入社の決め手は何ですか?

森下 章太【東京本社・東日本営業部】

就職活動を始めたばかりの頃は、「営業職に携わりたい」という漠然とした希望があるだけでした。さまざまな企業の説明会に参加しているうちに、化粧品を商材として扱うことに興味を持ちました。

大山を選んだ決め手は“直感”です。明るい雰囲気の中で、楽しく仕事がしたい。会社見学で訪れた際、自分の理想にぴったりだと思ったんです。

現在の仕事内容は何ですか?

国内のルート営業担当者として活動しています。主にバラエティ・ショップを担当し、本部や各店舗での商談、新規出店での商品陳列など、さまざまな業務に携わっています。

取引先本社でのバイヤーとの商談では、相手のニーズを汲みながら、新商品を紹介します。それぞれの店舗では、担当者の方と商談。商品紹介や売り場情報の収集を行っています。新商品だけでなく、季節などに合わせた既存品の紹介にも力を入れています。

どんな方と関わりながら仕事をしていますか?

当社商品部からの情報をもとに営業活動を実施。取引先メーカーからも新商品や販促物などの情報を入手し、商談時の提案に生かします。

取引先本社ではバイヤーを相手に、各店舗では担当者と商談を行います。商談が成立した商品については、物流部門に納品を依頼。的確なサポートにいつも助けられています。上司や先輩からもアドバイスを受けられるので心強いです。

仕事で感じたやりがいは何ですか?

「いい商品を紹介してくれたね」と取引先に喜んでもらえること、自分が担当した商品がショップに並んでいることにやりがいを感じます。商品の売り上げが好調だと、さらにうれしい。

入社前はほとんど未知だった化粧品の世界を知ることができ、毎日新しい発見があります。情報収集をしていると、化粧品以外の流行にも敏感になります。そんな自分に営業担当者としての成長を感じています。

仕事で感じた厳しさは何ですか?

入社後すぐに、担当の取引先が決定。先輩からのサポートを受けながらですが、まだ情報や知識も少ない中で商談を進めていかなければなりません。自分の力不足により、時には取引先から厳しい言葉をもらうこともあります。

でも、新人だからという言い訳は通用しない。営業のプロとして業務に携わることの厳しさを思い知らされました。

自社のPRをひと言お願いします!

華やかで活気ある社内。自分なりのスタイルで責任ある業務に取り組めます。

明るい社風なので、事務所はいつもにぎやかです。服装規定が比較的ゆるやかということもあり、おしゃれな社員が多いですね。華やかで活気がある雰囲気だから、仕事への意欲も自然にわいてきます。

トップや上司との距離感が近く、意見交換も盛んです。入社してすぐに責任ある業務を任され、仕事のやり方は個々の裁量に任されます。自由度が高い分、責任ある行動が求められるので、どんどん成長していけると思います。

森下くん(仕事中)
パソコンに向かう表情は真剣そのもの